日記

キッコーマン工場見学!醤油が無料でもらえたよ!!

皆さんこんにちは、ぷー子です🎶

御朱印カテゴリーでも書きました通り、千葉県野田市の櫻木神社を訪れました。
櫻木神社についての記事はこちら⬇

https://gosyuin-trip.me/2019/01/17/%E6%A1%9C%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%AB%E5%AE%BF%E3%82%8B%E7%A5%9E%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F%E5%8D%83%E8%91%89%E7%9C%8C%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%B8%82%E3%81%AE%E6%AB%BB%E6%9C%A8%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

知っている人にはお分かりの通り、千葉県の野田市と言えば

そう、醤油の町✨

駅を降りたら醤油のにおいがするとまで言われています。
それはなぜか…

そう、ッコーマンの工場があるからです!

今日はキッコーマンの工場がどんなところなのか、簡単に紹介します。

スポンサーリンク

キッコーマン工場(千葉県野田市)

どんなところ?

野田市の駅を降りると、駅前には何もないですが、少し進むと大きな建物が見えます。
そこがキッコーマン工場「もの知りしょうゆ館」です。

見てわかる通り、キッコーマン工場を見学できる施設です。

ものすごい工場感がありますが、一歩入ると警備員さんらしき人がやさしく声をかけてくれますよ!

見学にあたって

基本的には予約が必要なようです。

私たちはそれに気づかず、予約なしにそのまま行ったのですが、
警備員さん「予約してますか?」
ぷー子  「してないです」
警備員さん「これを記入して中へどうぞ」

なんと大丈夫でした
1枚名前や連絡先などを紙に記入しただけで入館OKに!
これから行かれるという方は予約したほうが確実です。

開館時間は9:00~16:00
入場無料

閉館日もあるようなのでHPで確認するか、予約の時に問い合わせてみるといいと思います。

キッコーマンHP

アクセス

東部アーバンパークライン野田市駅より徒歩3分
常磐自動車道、流山ICより約20分

工場内に見学専用無料駐車場あり。
ただしせまいため、満車の場合は一般の有料駐車場を利用することになります。

スポンサーリンク

施設内

工場見学

工場内は、見学の順路がきちんと分かりやすく誘導されているので、それに沿って進んで行きます。

見学の最初の受付で、どのように進んでいくかの案内があるのですが、そのときにスタンプラリーの台紙も受け取ります。(←とても大切)
見学の途中にスタンプ台があるので、忘れずに押しておきましょう!

工場内では実際に機械が動いているところが見れたり、醤油ができるまでの過程を図や写真で分かりやすく解説してあります。
子供が見ても飽きないように、可愛らしいキャラクターが描かれていたり、醤油のにおいを嗅いだりできるようにもなっています。
(工場内の写真は撮影不可のところが多かったので載せてません。)

しょうゆ体験コーナー【まめカフェ】

ここではキッコーマンの醤油を使った軽食が楽しめます。

🍴まめカフェメニュー🍴

  • しょうゆソフトクリーム(280円、ハーフ180円)
  • 豆乳しょうゆソフトクリーム(280円、ハーフ180円)
  • 特製もろみ豚汁(180円)
  • 生しょうゆうどん(180円)
  • せんべい焼き体験(3枚で250円)
  • しょうゆの味比べ用豆腐(50円)

カウンターにはたくさんのキッコーマン商品が並べられていて、どれでも自由に味見することができます。

にゃん子
にゃん子
 せんべい焼きを体験したけど、少し焦げちゃった…😅 

見学が終わったら、お土産コーナー

キッコーマンの商品が、施設内の売店「むらさき屋」で購入することができます。

まめカフェで気に入った味の醤油を買うこともできますし、工場限定のグッズやTシャツも販売されています。

そして忘れてはいけないのは、工場見学冒頭でもお話したスタンプラリー
見学し終え、スタンプをすべて集めたら売店の店員さんに報告します。
するとなんと、記念品がいただけるのです✨

記念品はもちろんお醤油!

無料見学で2本もいただきました!
ありがとうございます😍
(記念品はその時によって種類等が変更になります)

御用蔵

工場見学とは別ですが、外にもう一つ見学できる場所があります。

宮内庁にお納めするしょうゆを醸造している「御用蔵」です。
御用蔵は、もともとは1939年に江戸川沿い(千葉県野田市中野台)に建設されたのですが、老朽化で補修工事が必要となったため、2011年に野田市の工場内に移転したそうです。
外観から日本らしさが見て取れますね🌸

しょうゆを仕込む木桶や、屋根、石垣、門など、ほとんどの場所が移築前のものを使用し、原形に近い形で再現されています。

御用蔵は自由に見学できますが、お昼時は閉められてしまいます。
9:00~12:00
13:30~16:00 (入場は閉館30分前まで)
ものしりしょうゆ館が開館していても、こちらに入れない場合もありますので注意してください⚠

スポンサーリンク

見学を終えて

これはもう一言、大満足でした✨

無料の見学でぐるりと工場を見ることができ、カフェでたくさんの種類の醤油を味わうことができ、最後にはお土産まで…

文句の付けどころがありません!

工場内は大人でも、醤油の作り方に「なるほど💡」と思えるようなもので驚きました。
普段身近なお醤油って、こんな過程で作られていたのね…と思わず感心。

お子様連れでも一緒に楽しめる工夫が随所にありましたので、子供には難しいかも…ということは全くありません!
実際お子様連れの方たくさんいらっしゃいました👨‍👩‍👧‍👦

カフェではほんの軽食しかありませんが、予約すると特製のしょうゆもろみ弁当(840円)を味わうことができるそうです!

興味のある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか❓