猫の日常

愛猫紹介!ベンガル猫の特徴と飼う時の注意点!

にゃん子
にゃん子
皆さんこんにちは、本日は2月22日!そうです、ご存知猫の日です♪

今日は猫の日にちなんでわが家の愛猫・「とら吉」をご紹介します🐱

スポンサーリンク

わが家のアイドル「とら吉」

名前 とら吉(愛称・とらにゃん)
誕生日 2018年5月25日
性別 オス♂
種類 ベンガル(ブラウンスポテッドタビー)
好物 カツオ ささみ ねずみのおもちゃ

こちらがとら吉くんです。
野生感溢れるボディと、長いしっぽがトレードマークです🎶
ベンガル猫は短毛なので、シュッとしています(笑)

スポンサーリンク

ベンガル猫ってどんな猫?

ベンガル猫の特徴

ベンガルは、くさび型の小さめな頭に幅の広い鼻すじ、つり目のアーモンド形の目にマスカラと呼ばれるアイラインがふちどっています。

原産国はアメリカです。
イエネコより背骨が一節多いベンガルは胴体が長く、がっちりとした筋肉質です。

成長すると、オスで5~7キロメスで3~5キロくらいになります。
ワイルドで野生的な見た目は、見る人を魅了します😍

ベンガル猫の性格

ワイルドな見た目からは想像できないほど温和で協調的です。
そして甘えん坊でもあります。

フレンドリーで多頭飼いにも向いていますので、ワンちゃんと一緒に飼っても仲良くなれます。

また、運動量が多く遊び好きで、遊んでアピールもすごいです😅

視覚・聴覚・嗅覚が発達していて、敏感に反応しますが、神経質ではありません。
はじめて飼う猫として迎えてあげるのにもおススメですよ🎶

ベンガル猫の毛

ベンガルはブラウン、シルバー、ホワイトの3色の毛色が基本となります。
模様は写真のようなロゼット柄や、とら吉のようなスポット(斑)と、マーブルのような縞があります。

ベンガルと言えばブラウンの色が多いので、シルバーやホワイトのベンガル猫は希少価値が高いとされています。

また、ベンガル猫の毛は短毛ですが、その毛質はシルクのように滑らかでツルツルしています✨
ブラッシングしてもほとんど毛が抜けず、お手入れも簡単です。

毛が抜けないことから、ブリーダーさんいわく、「猫アレルギーの人でも飼える猫」と言われています⭐

換毛期の際は毛が抜けますので注意です。

その時は1日1回はブラッシングをしてあげるのと、1カ月に1回くらいのシャンプーをしてあげるといいそうです。

にゃん子
にゃん子
毛のさわり心地からベンガルのファンになる人もたくさんいるよ!

ベンガル猫は水を嫌がらない…らしい(笑)

猫と言えば、水が嫌い、お風呂も嫌い、濡れたくないというイメージですが、ベンガル猫はあまり水を嫌がらないという一面も持っています。

個体差はあるものの、水浴びや水遊びが好きなベンガル猫も多いので、シャンプーの際にも比較的ラクにお手入れができそうです。

写真はとら吉くんのはじめてのシャンプーですが、ビックリした様子でしたが暴れたりすることはなかったです😆

スポンサーリンク

ベンガル猫を飼う上で気を付けること

普段のお手入れは?

お話した通り、普段のお手入れはほとんど必要ありません。

換毛期以外は毛がほとんど抜けないので、ブラッシングは1週間に1回程度で十分です。
ブラッシングやシャンプーのし過ぎは猫ちゃんのお肌にもよくなのでほどほどに…。

短毛のベンガル猫は、ブラッシングに力が入りすぎると痛みを感じて嫌がってしまうので、優しく丁寧にしてあげることが大切です。

また、活発な性格なのであちこち飛び回ったりすることが多いです。
家具が傷つかないように、しっかり爪を切っておいてあげましょう🐱

ストレスには注意

ベンガル猫は、精神的なストレスに弱い傾向があります。

運動不足だったり、急に周りの環境が変わったりした時にストレスを感じやすいです。
さらに、甘えたいのに飼い主にかまってもらえなかったり、逆にかまわれすぎな時に、ストレス性の神経障害を発症します。

ストレスから、何度も同じ場所を毛づくろいしてしまうため、脱毛症につながる場合も多いです。

とら吉くんも、背中がハゲてしまったことがありました💦

今考えると、この時は引っ越ししたり去勢をしたりと、
ストレスに感じることが多かったのかもしれません…

病院に行ったところ、ダニ・ノミ・カビなどの病気の症状ではないとのことだったので様子を見ることになりました。

気を付けていたのでショック…ごめんね😢
ハゲても元気で食欲もあったので、回復も早く、今ではすっかりよくなりました✨

体重の管理に加えて、ストレスにもしっかり配慮してあげてください。

皮膚の様子にも注意しよう

ベンガルは、皮膚病にもかかりやすい猫とも言えるので、皮膚の様子には普段から気を配るようにしましょう。

原因は外からの刺激や感染症の場合が多く、症状としてはかゆみや痛み、発信や脱毛が見られるようになります。

ベンガルがしきりに体をかいたり、何かにこすりつけたりする行動が多く見られたら、早めに病院に連れて行ったほうが安心ですよ!

ベンガル猫は飼いやすい?

ベンガルを飼い始めてまだ1年と経っていませんが、とても飼いやすい種類の猫だと思います。

性格にもよりますが、とら吉くんに関して言うと、

あちこち引っ掻き回さず、必要以上に鳴くこともなく、お留守番もしっかりできます。トイレを外したことも一度もありません

外見は野生的で、凶暴なんじゃ…?と勘違いされがちですが、ベンガルはフレンドリーで甘えん坊、賢い猫だと思います。

そして何と言っても抱いたときの滑らかでツヤツヤな毛質にとても癒されます❤
元気でやんちゃなところは可愛い部分です😍

猫を飼ってみたいと思っている方にはいちばんにオススメしたいです。

また、ベンガルカフェというベンガル猫のみの猫カフもありますので、どんな猫ちゃんかな?と興味を持たれた方は、ぜひ行ってみてください🎶