御朱印・神社

【東国三社・茨城県息栖神社】忍潮井(おしおい)の井戸の秘密!

東国三社の一つでもある茨城県神栖市の息栖神社

息栖神社は、東国三社の中ではこじんまりした静かな感じの神社です。

どんな御朱印がいたらいただけるのか、
どんな場所なのか、
見どころはどんなところか、

詳しくご紹介します🎶

スポンサーリンク

息栖神社とは?

息栖神社は、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮、千葉県香取市の香取神宮とならぶ東国三社のうちの一社です⛩

鹿島神宮や香取神宮とは一味ちがい、静かでこじんまりとした趣のある雰囲気の神社となっています。

ご祭神

天鳥舟命(アメノトリフネノミコト)→主神
久那戸神(クナドノカミ)
住吉三神

【ご利益】
厄除け、交通安全、海上守護

息栖の河岸は、
江戸時代には利根川水運の拠点として栄えたところで、
久那戸神は空と海の交通守護の神様です。

また、息栖神社のご神体は井戸という珍しい神社で、
それは主神である天鳥舟命が井戸の神様であるからであるからと言われています。

なぜ息栖神社が東国三社の一つなの?

鹿島神宮、香取神宮と比べると、なんだか小さい神社だな…と思われる方が多いかと思います。

そんな息栖神社がなぜ東国三社のうちの一つなのでしょうか❓

それは、それぞれのご祭神に影響されているからだと言われています💡

そもそも東国三社のご祭神は、「国譲り」という神話がもとになっているのです。

🧙‍♀️「国譲り」の神話🧙‍♂️

日本神話において、タケミカヅチという神様が、フツヌシノカミという神様とともに、出雲の国の大国主命(おおくにぬしのおおかみ(すごい神様))に、国を譲ってほしいと交渉したところ、その交渉が見事成功し、日本建国の礎となりました。

息栖神社のご祭神である天鳥舟命(アメノトリフネノミコト)と久那戸神(クナドノカミ)は、

この国譲りの神話の中で、タケミカヅチとフツヌシノカミの先導(案内役)をした神様です。

鹿島神宮のご祭神はタケミカヅチという武神で、香取神宮のご祭神がフツヌシノオオカミという神剣であるのに対し、息栖神社のご祭神はアメノトリフネという乗り物の神様であることから、

ほかの2社よりも控えめな神社の作りになっているのではと言われています。

スポンサーリンク

境内

鳥居から参道

こちらが境内入り口の鳥居です。

石碑に東国三社と彫られていますね✨
石造りの大きな鳥居です。

中に進むと一直線の参道がずーっとのびていて、
いちばん奥に本殿があります。

左右対称の作りになんだか神聖なものを感じます🎶

参道の向かって左手には稲荷神社もあります。

稲荷神社の二の鳥居の前には狐さんもいますよ🦊

こちらの稲荷神社のお稲荷さんは、みんな赤いほっかむりをしていてとても可愛らしい😍

参拝すると、仕事運がアップするとか…✨
一緒に参拝しておくと🙆

御本殿

手水舎でお清めしたら門をくぐって本殿へ…

門の先、本殿前はこんな感じ⬇

休日のお昼ごろの時間帯でしたが、
人があまりいなくてとてもいい雰囲気でした✨

周りにも木々が多いので、
清々しい空気を堪能できました🌲

ではでは、本殿でお参りです⛩

ご神木と力石

本殿の向かって左手側に、おおきなご神木があります。

樹齢1000年以上の大樹で、二つに分かれていることから「夫婦杉」と呼ばれているそうです👫

しかし大きすぎて全て写真におさまらず…💦

実際にはバッチリ夫婦杉でした😆

その近くに力石と呼ばれる石があります。

お祭りの際に、若い男性たちが力を競って持ち上げていたと言われています。

たしかにとても重そう…

囲われているので実際に持ち上げてみることはできませんでした😂

残念!

忍潮井(おしおい)の井戸と一の鳥居

参道の入り口の鳥居を紹介しましたが、実はあれは二の鳥居

一の鳥居は参道入り口から少し離れた川沿いにあります。

位置関係はこんな感じになっています⬇

一の鳥居は二の鳥居から100mほど離れた場所にあるのが分かります。

この一の鳥居の根元には、さらに二つの小さな鳥居があるのですが、
そこに忍潮井(おしおい)と呼ばれる二つの井戸があるのです。

位置関係の図の通り利根川に面した舟だまりですが、この場所は海が近いため海水と淡水の混ざった汽水域となっています。

にもかかわらず、忍潮井の井戸からは綺麗な真水が湧きだしているのだとか…

海水を押しのけて真水が湧き出ていることから、忍潮井という名がついたと云われており、日本で最も古い形の井戸の造りとなっています。

その珍しさや貴重さから、伊勢の明星井と伏見の直井と並ぶ「日本三霊水」と一つとされています。

左右の井戸の中にはそれぞれ、女瓶・男瓶と呼ばれる瓶が沈んでいて、そこから水が湧きだしているそうです🐳

小さい鳥居のほうに土器の形をした女瓶が、大きい鳥居のほうに銚子の形をした男瓶が沈んでいます。

天候や湧きだす水の状態により、沈んでいる女瓶と男瓶が見えてり見えなかったちするそうで、運よく見ることができると幸運が訪れるとも言われていますよ😍

私が訪れた時は、天気も良く井戸の中が透き通っていたのでチラリと瓶を見ることができました✨

幸運来るかな~?🎶

スポンサーリンク

御朱印

息栖神社の御朱印はこちら⬇

東国三社の文字がきちんと書かれています。

右下の印は、昭和天皇の弟である三笠宮崇仁親王(みかさのみやたかひとしんのう)からいただいたという水晶を表したものだそうです。

全体的なデザインは香取神宮の御朱印と似ていますね🎶

御朱印は本殿のすぐ左手側の朱印所で、300円でいただくことができますよ😄

2019年2月の時点で、御朱印帳の販売はありませんでした。

基本情報

場所:〒314-0133 茨城県神栖市息栖2882

時間:社務所→8時30分~16時
御朱印→9時~15時30分

料金:参拝無料

連絡先:TEL:0299-92-2300

社務所の対応時間と、御朱印の受付時間が違うので注意してください⚠

二の鳥居の前に専用駐車場あり。(無料)
大型バス可。

息栖神社から鹿島神宮、香取神宮まで、それぞれ車で20分です。

参拝を終えて

東国三社の中では比較的こじんまりとした神社でしたが、

鹿島神宮や香取神宮にはない静寂の神聖さを感じることができました✨

本殿とは少し離れていますが、忍潮井の井戸は必見です❗

川に面した鳥居と、とてもきれいな水が湧きだす二つの井戸、

透き通った井戸水の中には魚が泳ぎ、その下に見える男瓶と女瓶。

日本三霊水に選ばれた場所だけあってとても神秘的です😌

訪れた際には、井戸の中の瓶が見えるかどうか、ぜひ試してみて下さい🎶

鹿島神宮についての記事はこちら⬇

【東国三社・茨城県鹿島神宮】誰も知らない本当の境内の巡り方大公開!東国三社巡りでも有名な茨城県鹿嶋市の鹿島神宮 東国三社巡りについては下の記事をどうぞ! https://gosyuin-tr...

香取神宮についての記事はこちら⬇

【東国三社・千葉県香取神宮】全国約400社ある香取神社の総本社!東国三社巡りの一社である香取神宮 全国的にも香取と名の付く神社はたくさんありますが、 香取神宮はその神社全ての総本社です。つ...

東国三社巡りについての記事はこちら⬇

東国三社巡りとは?幸運のトライアングルと事前に知っておくべき3つのポイント!最強のパワースポットとしても名高い「東国三社巡り」 その名の通り、三社を巡ると素晴らしいご利益が得られると言われています。 ...