御朱印の基本

「八幡宮」や「神宮」とは?同じ神社で呼び名が違う理由を徹底解明!

~神社、~八幡宮、~神宮、~大社、などなど、

同じ神社でも呼び名が違ういことがありますよね?

私も恥ずかしながら、ここは神社なのかな?と思うことがあったりしました😅

今回は、神社の呼び名によってなにが違うのかを解説します!

スポンサーリンク

6種類の名称

神社には全部で6種類の呼び名があります。

「神宮」「宮」「大神宮」「大社」「神社」「社」の6種類です。

これらは社号といい、それぞれ意味を持っています。

スポンサーリンク

各社号の意味

「神宮」

格式がとても高い神社の用いる
皇室と深い関係がある神社に用いられます。
神宮と呼ばれる基準は、皇室の祖先、つまり昔の天皇を祀っているかどうかです。

現在天皇は象徴ですが、昔は神の子孫として信仰対象とされていました。

しかし、天皇や皇室を祀っていても神宮となっていない神社もあれば、皇室に関係のない神様を祀っていても神宮となっている神社もあり、そういった神社では独立して神宮を名乗っています。

 

「宮」

格式高い神社に用いる
「神宮」の次に格式高く、特別な理由があり、それを認められた神社につけられます。
「神宮」と同じく天皇や皇室に関係する人物を祀っています。

 

「大神宮」

特別な社号
ある特定の神社に用いられます。
(伊勢神宮と関係深い「東京大神宮」のみ「大神宮」を名乗っている)

 

「大社」

格式高い神社に用いる
地域信仰の中心にある神社に用いられます。
以前は出雲大社のみでしたが、奈良の春日大社や、長野の諏訪大社などの神社でも使われるようになりました。

 

「神社」

もっとも一般的に広まっている呼び名です。
全国に8万社以上あり、一番多い社号となっています。

 

「社」

「神社」の略称。
比較的小さな神社で、大きな神社から御祭神を迎え入れた神社に用いられます。

ぷー子
ぷー子
格式によって呼び方が違うんだね💡
スポンサーリンク

御祭神と御利益に違いによる神社の呼び名

神宮や大社などは伝説上の神が祀られていることもありますが、本来神社は神道なので、山や森など自然そのものも信仰の対象としてきました。

何が祀られている神社なのか、御祭神の種類とご利益によっても神社の呼び名は異なります。

「稲荷神社」

伏見稲荷大社を本山とし、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)を祀っている。

五穀豊穣のご利益があるとされていましたが、現在では商売繁盛のご利益のイメージが強くなっています

全国に3万~4万社ほどあると言われていますが、他の祭神と共に祀られて神社名に「稲荷」の字が入っていないこともあるので、数はさらに多いと思われます。

 

「八幡社」(八幡宮)

大分の宇佐神宮、または京都の石清水八幡宮を総本社とする八幡神社。

祭神は応神天皇と比売神、神功皇后と宗像三女神とすることが多く、武芸や勝負事に関するご利益があるとされています。

 

「神明」

神明神社の「神明」は伊勢に由来しています。祭神は天照大神であり、ご利益は国家安泰などです。

全国に5千社~1万8千社とも言われています。

 

「天神」「天満宮」

菅原道真(すがわらのみちざね)をご祭神とする神社です。
道真が学問に優れていたことから、学問の神様として現在では多くの受験生が参拝に訪れている。

 

「春日」「鹿島」「香取」

武甕槌神(たけみかづちのかみ)を祀っているのが鹿島神宮で、経津主神(ふつぬしのかみ)を祀っているのが香取神宮です。

この二神に天児屋根命(あめのこやねのみこと)と比売神(ひめのかみ)を加えて祀っているのが春日神社です。

ご利益は実に様々で、武道・芸能・安産から縁結びや交通安全まであります。

 

「八坂」(祇園)「八雲」

八坂神社の主祭神は素戔嗚尊(スサノオノミコト)です。
以前は神仏習合の神である牛頭天王(ごずてんのう)が祭神とされていたが、神仏分離令により祇園という名称から八坂へと変わりました。
京都の八坂神社は縁結びがご利益とされています。

神社名で、見えてくるものが多い

いかがでしたか?
神社とひとまとめに言っても多くの呼び名があり、そしてそれには由来があります。

神社名を知っていると、その神社がどんな神社なのかもなんとなく分かりますね✨

今自分がどんな御利益をいただきたいか、どこに行けばいいのか、神社名からもリサーチしてみましょう!