御朱印・神社

【神奈川県鎌倉市の建長寺】重要文化財の宝庫!鎌倉五山第一位のお寺!

北鎌倉駅と、鎌倉駅のちょうど真ん中あたりにあるお寺、「建長寺」

禅宗で最高の格付けをされた五大寺(鎌倉五山)の一つで、

その中でも第一位に君臨しています✨

いったいどんなお寺なのでしょうか…!?

スポンサーリンク

建長寺

建長寺は、正式名称「巨福山建長興国禅寺」(こふくさんけんちょうこうこくぜんじ)といい、鎌倉五山第一の臨済宗建長寺派の大本山です。

1253年に北条時頼が建立しました。

建長寺の開山は蘭渓道隆(らんけいどうにゅう)という中国の僧です。

蘭渓道隆は中国の純粋で厳しい禅をそのまま導入し、建長寺を天下の禅林として、多くの修行僧を指導しました。

現在でもその名残が残っています。

スポンサーリンク

基本情報

料金・開門時間

時間:8:30~16:30

料金:大人500円、中学生以下200円

定休日は特になし。

アクセス

〒247-8525 神奈川県鎌倉市山ノ内8

JR北鎌倉駅より徒歩15分、江ノ電バスで5分(「鎌倉駅」行き「建長寺」下車)

境内入場門前に駐車場有り。8:30~16:30

乗用車20台(1時間600円)・バス5台(1時間2000円、予約制ではない)

→1時間を過ぎたら30分ごとに清算、帰るときに支払い。

にゃん子
にゃん子
 建長寺のバス停も、駐車場も建長寺の真ん前にあります🎶とってもわかりやすいですよ! 

連絡先

電話:0467-22-0981

建長寺HP

スポンサーリンク

境内

境内はとても広いです。

ちょっとしたハイキングコースのようですね😌

多くの重要文化財もありますので、ポイントを紹介していきます!

一番最初の入り口はこちらです。

駐車場はこの先になります。

入り口から重厚感が伝わってきます✨

その先の門がこちらです。

巨福山(こふくさん)と読みます。

立派な総門ですね!

総門は、お寺全体の表門のことで、言わばお寺の顔です。

巨福門(こふくもん)とも呼ばれ、1783年に京都の般舟三昧院(ばんじゅさんまいいん)に建てられたこの門を、昭和15年に移築したものです。

門の先には受付と朱印所があります。

拝観料を納めます。

建長寺では、御朱印帳を参拝前に渡しておき、帰りに受け取ります。

進んでいくと、重要文化財である三門が見えてきます。

重厚感のある造りに圧倒されました!

楼上に五百羅漢などを安置し、その下を通ると、心が清らかになると言われています。

1775年に当時の住職が寄付を募って再建されたものです。

三門の向かって右手には大きな鐘楼があります。

こちらの梵鐘(ぼんしょう)は国宝です。

1255年に大和権守物部重光によって鋳造されたもので、建長禅寺の銘文が浮き彫りされています。

さらに奥には仏殿が見えてきます。

仏殿は重要文化財に指定されています。

建長寺の御本尊である地蔵菩薩坐像が安置されています。

仏殿のすぐ手前の左手側には柏槇(びゃくしん)があります。

柏槇は、ヒノキ科のの植物で、ビャクシンと呼ばれることの方が多いです。

参道の両側に7本の柏槇の古木があり、創建当時から存在している貴重なものです。

仏殿の裏手には、同じく重要文化財である法堂があり、

建長寺の代名詞である雲龍図があります。

圧巻です✨

関東最大の法堂で、正面には千手観音像が置かれています。

天井には大きな龍雲図が描かれており、建長寺の創建750年を記念して、

小泉淳作(こいずみじゅんさく)によって描かれました。

法堂の奥には、唐門があります。

こちらも重要文化財です。

奥にある方丈(龍王殿)の正門にです。

1647年に移築されたものとなります。

続く方丈(龍王殿)は、中を見学することが出来ます。

方丈(龍王殿)入り口と中庭です。

キレイに整備されています✨

座禅会場と庭園です。

庭園は方丈の裏手側にあたります。

江戸時代に改修され、禅寺を象徴する作りとなっています。

こちらも美しいですね😍

冬に訪れたので、少し寒々しいです…😅

拝観できるところと、文化財のポイントは以上です。

お寺の敷地はまだ先に続いていますが、この先は拝観できないところになります。

御朱印

建長寺の御朱印はこちらです。

こちらは御本尊の御朱印ですが、建長寺でいただける御朱印は全部で16種類あります。

  1. 本尊地蔵尊
  2. 釈迦牟尼佛
  3. びんずる尊者
  4. 千手観音(鎌倉三十三観音霊場 第二十八番)
  5. 心平地蔵尊(鎌倉二十四地蔵 第九番)
  6. 済田地蔵尊(鎌倉二十四地蔵 第十番)
  7. 半僧坊大権現:半蔵坊
  8. 勝上ケン地蔵尊(鎌倉二十四地蔵 第十一番):半蔵坊
  9. 聖観世音菩薩(鎌倉三十三観音第二十七番):妙高院
  10. 聖観世音菩薩(鎌倉三十三観音第二十九番):龍峰院
  11. 文殊菩薩:回春院
  12. 韋駄天:回春院
  13. 復興地蔵尊:回春院
  14. わらべ地蔵尊:回春院
  15. まんまる地蔵尊:回春院
  16. 白蓮観音菩薩:回春院

かなり多い、多すぎです(笑)

広い境内ですので、それぞれお祀りしている仏様ごとに御朱印があるのでしょう。

全てが入り口の朱印所でいただけるわけではなく、

半蔵坊朱印所でしかいただけない御朱印や、子院からいただく御朱印もありますので注意してください。

半蔵坊は、総門から歩いて約20分ほどの山腹にあります。
少し離れたところにあり、急な坂や階段があるので、訪れる際は動きやすい身なりで行きましょう。

御朱印帳

建長寺のオリジナル御朱印帳があります。

種類は2種類です。

  1. 天下禅林の御朱印帳(青・ピンク):最初の受付で販売
    1200円(朱印代別)
  2. 黒い御朱印帳(三つ鱗):半蔵坊で販売
    1200円(朱印代別)
ぷー子
ぷー子
 「天下禅林」は、「人材を広く天下に育成する禅寺」という意味で、建長寺を象徴する言葉だそうです。

参拝を終えて

とにかく広いです😅

なかなか全部を見て回れず、残念ながら今回私は半蔵坊まで行くことができませんでした…

次回チャレンジします✨

多くの重要文化財に触れて、日本文化の素晴らしさを肌で感じることができました。

ひとつひとつ組み合わされて造られている三門や、丁寧に描かれた龍雲図…

見ていて飽きることがなかったです🎶

鎌倉五山の第一位というだけあって、かなりの見ごたえです。

一度は行ってみる価値ありですよ!