御朱印・神社

【茨城県笠間市の笠間稲荷神社】日本三大稲荷の一つ!命の根源の神様とは?

茨城県笠間市にある、笠間稲荷神社

稲荷神社というだけあって、境内にはたくさんのキツネさんの姿が見られます🦊✨

日本三大稲荷の一つにも数えられ、あらゆる殖産興業の神・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)という最高位の神様を祀っています。

一体どんな神社なのか?
どんなご利益があるのか?
どんな御朱印がいただけるのか?

詳しくご紹介します🎶

スポンサーリンク

笠間稲荷神社とは?

笠間稲荷神社は、651年・第36代孝徳天皇の時代に創建された神社だと云われています。

京都の伏見稲井、佐賀の祐徳稲荷神社に並ぶ日本三大稲荷神社の一つで、その歴史は稲荷神社の総本社である伏見稲荷大社をも上回ります。

とても歴史深い由緒ある神社であり、その御神徳を慕い、全国から年間350万人もの参拝者が訪れるそうです✨

ご祭神

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ

【ご利益】
商売繁昌(仕事運)
産業興隆
芸能・諸芸上達
五穀豊穣
家内安全
諸願成就
良縁、交通安全など

宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)は、須佐之男命(スサノオノミコト)と神大市比売神(カムオオイチヒメノカミ)との子で、正一位という最高の位の神様です。

五穀豊穣、商売繁栄、殖産興業、開運招福、火防の守護神として、多くの人々に崇敬されています。

私たちの生活の根源的な部分に深くかかわる神様なので、命の根源の神とも言われています。

全国約3万社ある稲荷神社のほとんどで宇迦之御魂神が祀られています。

稲荷神社のキツネは神様ではなく眷属

稲荷神社と聞けば、お稲荷さんということで、狐の神様を想像される方が多いかもしれませんが、

稲荷神社の狐は神様ではなく、神様の使い、つまり眷属とされています。

一般的な神社の狛犬のような存在ですね🎶

このように神様の使いの動物たちが存在するのは、人間が直接神様に自分の願い事や欲望を祈願するのは畏れ多いとして、

特別に選ばれた動物たちを通して祈願が行われたからだとされています。

なぜ稲荷神社の神使が狛犬でなく狛狐なのかというと、稲荷神社が農業(五穀豊穣)の神様であることが関係しています。

神道の考えで、自然物にも神様が宿るという考え方があります。

その昔、田植えをする時期に山から神様が下りてきて、田の神様となり、秋の収穫の時期に田の神が今度は山の神として山に戻っていくと考えられていました。

そして、ちょうど狐も田植えの時期に人里に下りてきて、秋になると山に帰っていく習性があったことから、山の神・田の神の使いとされたのです。

にゃん子
にゃん子
お稲荷さん=狐の神様という勘違いは、神仏習合によってもたらされたものなんだって💡
スポンサーリンク

境内

一の鳥居から拝殿

笠間稲荷神社の入り口には大きな鳥居があります。

続く参道の両脇には売店やお土産屋さんが連なっていますが、この日は朝早かったためまだ開店前😅

参道にはところどころに狛狐の姿が…!

それぞれ顔やたたずまいが違っているので面白いです🦊

更に進むと、重厚感のある楼門が見えてきます。

こちらは昭和36年竣工の建物です。この辺りには出店も出ています🎶

手水舎でお清めします!

手水舎に施されている彫刻も細かく素晴らしい…✨

門をくぐった先が拝殿です。

昭和35年10月竣工の建物で、神社建築と現代建築を極めた美しく華麗な造りとなっています😌✨

御朱印所は拝殿向かって左手の建物ですが、御祈祷などを申し込む社務所は楼門をくぐってすぐ左手になります。

5月は藤の花が見ごろ

境内には大きくキレイな藤棚が広がっていました。

紫のカーテンのような、たくさんの葡萄の実が吊り下げられているような、

とても見事な藤の花です🌿

藤の花越しに見える拝殿も美しかったです✨

拝殿の右手側には大黒天

こちらは聖徳殿といい、聖徳太子がお祀りされています。

また大黒天(大国主大神)、事比羅社(大物主大神)が合殿にてお祀りされています。

拝殿裏に本殿が

拝殿に満足してしまい見落としがちですが、拝殿裏に本殿があります。

こちらの本殿は江戸時代末期に造られ、昭和63年に国の重要文化財に指定されました⛩

貴重なものなので、見落とさないように注意ですね⚠

この他境内には、

稲荷神社に由縁のある神様が祀られている末社

笠間稲荷神社美術館

大正天皇御即位記念(大正6年)に建てられた瑞鳳閣(有料)

などがあります。

 

スポンサーリンク

御朱印

笠間稲荷神社の御朱印

笠間稲荷神社の御朱印はこちら⬇

右側の「胡桃下」という文字は、昔この場所に胡桃の木がたくさんあり、「胡桃下稲荷」とも呼ばれていたことからきています。

また、ここ笠間稲荷神社には常陸国七福神が一つ、大黒天の御朱印もあります。

どちらも拝殿に向かって左手の御朱印所で300円でいただけますよ🎶

御朱印帳

御朱印所の隣で販売されていました。

狐さんのオリジナル御朱印帳をさがしたのですが見当たらず…😢

サイズは大判サイズでデザイン3種類、それぞれ1500円でした。

基本情報

場所:〒309-1611 茨城県笠間市笠間1番地

時間:社務所(祈祷)→8時~16時
お正月は特別時間あり。御朱印の受付時間の明記なし。

料金:参拝無料

連絡先:TEL:0296-73-0001(テレホンサービス:0296-73-0003)

駐車場多数あり。

普通車なら300円のコインパーキングがいちばん安いです。
専用駐車場は500円とられます😅
無料駐車場はなさそうでした。

参拝を終えて

見どころ盛りだくさんの笠間稲荷神社ですが、季節行事もたくさんあります。

特に10月の菊祭りや、11月の文化の日に開催される「神事流鏑馬」(やぶさめ)が有名です。

さらに神社周辺にはお稲荷さんにちなんだグルメや地酒、おまんじゅうなどがたくさんあります❤

さらに、ご祭神である宇迦之御魂神は仕事運向上はもちろんですが、私たちの生活の根源的な部分に深くかかわっている神様です。

とてもパワーのある神様がいらっしゃる神社なので、ぜひ一度参拝してみて下さい🎶