御朱印・神社

東国三社巡りとは?幸運のトライアングルと事前に知っておくべき3つのポイント!

最強のパワースポットとしても名高い「東国三社巡り」

その名の通り、三社を巡ると素晴らしいご利益が得られると言われています。

どんな順で巡るのか?
どんなご利益なのか?
なぜ最強のパワースポットなのか?etc…

今回は東国三社巡りについて紹介します🎶

スポンサーリンク

東国三社とは?

東国三社

東国三社とは、

  1. 鹿島神宮
  2. 香取神宮
  3. 息栖神社

の三社のことを言います。

この三社はいずれも関東地方東部の利根川下流域に鎮座する神社です。

この三社を巡る「東国三社参り」は、江戸時代に「お伊勢まいりの禊の三社参り」として

関東以北の人が伊勢神宮の参拝を終えた後、

帰る途中で東国三社を参拝するという風習から生まれたそうです。

今では、伊勢神宮に一度参拝したのと同じ御利益を頂ける

参拝する人が多くいるようです。

鹿島神宮

鹿島神宮は、茨城県鹿嶋市にある、日本建国・武道の神様である「武甕槌神」を御祭神とする、関東最古の由緒ある神社です。全国に600社ほどある鹿島神社の総本社です。

【東国三社・茨城県鹿島神宮】誰も知らない本当の境内の巡り方大公開!東国三社巡りでも有名な茨城県鹿嶋市の鹿島神宮 東国三社巡りについては下の記事をどうぞ! https://gosyuin-tr...
香取神宮

香取神宮は、千葉県香取市にある、全国約400社ほどある香取神社の総本社です。

【東国三社・千葉県香取神宮】全国約400社ある香取神社の総本社!東国三社巡りの一社である香取神宮 全国的にも香取と名の付く神社はたくさんありますが、 香取神宮はその神社全ての総本社です。つ...
息栖神社

息栖神社は、茨城県神栖市にあります。
鹿島神宮と香取神宮を結ぶ神社と言われています。

【東国三社・茨城県息栖神社】忍潮井(おしおい)の井戸の秘密!東国三社の一つでもある茨城県神栖市の息栖神社。 息栖神社は、東国三社の中ではこじんまりした静かな感じの神社です。 どんな御朱...

東国三社と言われる理由

三社のご祭神がポイントです。

鹿島神宮…武御雷神(タケミカヅチノカミ)

香取神宮…経津主神(フツヌシノカミ)

鳥栖神社…天鳥船命 (アメノトリフネノミコト)・久那戸神(クナドノカミ)

日本神話によると、鹿島神宮のご祭神である建御雷神(タケミカヅチノカミ)と、香取神宮のご祭神である経津主神(フツヌシノカミ)は、対で考えられることが多いです。

というのも、経津主神(フツヌシノカミ)は武御雷神(タケミカヅチノカミ)の神剣であるとされているからです。

神とその神剣であれば、いつでも行動を共にするのは必然的ですもんね😅

ある時、両祭神はアマテラスオオミカミに派遣され、出雲大社のご祭神である大国主命(オオクニヌシノミコト)に対し、国を譲るように交渉に行きます。

両祭神はこの交渉を見事成功させ、日本国内を平定します。

交渉の際に、両祭神のことを先導し、案内したのが息栖神社のご祭神である天鳥船命 (アメノトリフネノミコト)と久那戸神(クナドノカミ)でした。

この物語を「国譲りの神話」と言い、この神話に登場する神々をお祀りしている三社が
東国三社と呼ばれているのです✨

スポンサーリンク

三社を結ぶ幸運のトライアングル!?

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社を結ぶと、ほぼキレイな直角三角形になります。

トライアングルという形がなんとも神秘的…✨

そしてこのトライアングルの中では、昔から不思議なことが起こと言われています…

国譲りの神話にちなんで「夢を実現させるパワースポット」であるとも言われています。

また、鹿島神宮は日本の聖地が並ぶレイライン(伊勢神宮、富士山、皇居、鶴岡八幡宮、スカイツリーを結ぶ一直線のライン)上に位置することでも有名です。

にゃん子
にゃん子
パワースポットが重なり合って、ものすごいパワーになってそう!!💪💪💪
スポンサーリンク

事前に知っておくべきポイント

東国三社限定御守りがある!

三社巡り限定の御守りがこちらです。

この御守りは、まず一社めで御守りの本体となる三角の木の部分を手に入れる必要があります!

二社目からは木に貼るシールを買うだけです。

全て揃うと、三角の木の本体に、鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の社紋が刻まれたストラップのような御守りの出来上がりです🎶

一社目でこれを忘れると、戻るかあきらめるかしかありませんので注意です💦

三社巡りの達成感も得られますし、

強力なパワースポットである三社を1つに凝縮した御守りもゲットできますよ✨✨

巡る順番は関係なし!でもオススメはあり!

三社巡りで、巡る順番に特に決まりはありません。

しかし、「オススメの巡り方」があります

  1. 鹿島立ち
    旅行に出発すること。旅立ち。門出のことを「鹿島立ち」と表現します。
  2. 要石
    要石は、地震を起こす大ナマズを地中で抑え込んでいると言われる石です。
    鹿島神宮と香取神宮にもそれぞれ要石があり、地中からのぞいている部分の形が鹿島神宮は凹、香取神宮は凸となっていることから、
    鹿島神宮では「大なまずの頭」香取神宮では「大なまずの尻尾」を押さえていると言われています。
  3. 息栖神社は導きの神社
    「国譲り神話」でもあったように、鹿島神宮と香取神宮の両祭神を導いたことから、息栖神社は何かを始める際に決意を導く」とも言われています。

以上のことから、鹿島神宮→息栖神社→香取神宮の順がいいと言われている説があります。

あくまで説なので、この順でなかったからダメなことはありませんし、

悪いことが起きるという事でないので、参考にしてみてください🎶

三社にはそれぞれ、海に面した鳥居がある

鹿島神宮、香取神宮、息栖神社の三社の神は、

それぞれ海からやってきたという言い伝えがあり、三社とも海に面して鳥居があります。

かつては内海があった場所が、現在では陸地となってしまっているので、

本当に海に面していたのか分かりづらいですが、

古い地図を見ると海に面していたようです。

三社共通して離れたところではありますが立派な鳥居がありますので、

ぜひ見てみてください🎶

三社巡り前にオススメの書籍

4492円より 東実著

本とDVDのセットです。
古代日本の東国の辺境で鹿島神宮に秘められた謎に迫ります。木の表皮を剥いただけの鹿島鳥居と出雲大社に似た特殊な社殿構造に秘められた謎と、祭頭祭や御船祭などの特殊神事や鹿島の七不思議について言及しています。

1188円 阿上万寿子著
国譲りの神話について詳しく知ることができます。
難しくなく、小説式なので読みやすいですよ✨